HOME > 業務内容 > 解体工事

RSSを購読

平成14年5月30日から分別解体等及び再資源化等が義務付けられました。
「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」
一定以上の建築物や土木工作物の解体工事、新築工事等(「対象建築工事」別表記載)については、
一定の技術水準に従って、その建築物等に使用されているコンクリート(プレキャスト鉄筋コンクリート板等を含む)、
アスファルト、木材(これらを「特定建築資材」と言います。)
分別解体をすることによって生じたコンクリート廃材、アスファルト廃材、廃木材について、
再資源化が義務付けられました。

対象建築工事

工事の種類 規模の基準
建築物の解体 延床面積 80㎡
建築物の新築・増築 延床面積 500㎡
建築物の修繕・模様替(リフォーム等) 請負金額 1億円
その他の工作物に関する工事(土木工事等) 請負金額 500万円

その他

特定建設資材 コンクリート
コンクリート及び鉄からなる建設資材
木くず<指定建設資材廃棄物>

工事現場から最も近い再資源化施設までの距離が50kmを超える場合については、
縮減(焼却)を行っても良いこととします。

アスファルト・コンクリート

建物解体までの流れ

現地・見積り調査 矢印 ご契約・工事条件確認 矢印 近隣へのご挨拶
space 矢印
廃棄物の適正運搬処理 矢印 解体工事着工 矢印 養生の組み立て
矢印 space
整地・解体工事の完了 矢印 検査・確認・引越し 矢印 建物滅失登記

弊社は建設リサイクル法に基づく資源の再利用化に努めております。
また、廃棄物の適正処理はもとよりリサイクルを積極的に行っております。

解体作業の様子

解体の様子解体の様子
解体の様子解体の様子
解体の様子解体の様子
解体の様子解体の様子
解体の様子解体の様子
解体の様子

ページの先頭へ